riedel_logo_white.gif www.riedel.net 



SmartPanels

RSP-1232HL SmartPanel

RIEDEL『SmartPanel App』駆動のユーザー・インターフェイスに基づく新製品1200 Series『RSP-1232HL』(Hybrid Lever)多機能インターフェイスは,ワークフローの柔軟性とパワーと接続能力を格段に進化させます。この新パネルは複数のフルカラー・マルチタッチ・ディスプレイや32個の独創的なハイブリッド・レバー・キー,多機能アプリを活用する能力,そして今日用いられている様々なワークフローに簡単に適応する能力を備えており,ユーザーの従来方式の作業が可能でありながら,まったく新しい可能性も拓きます。

完全にゼロから考案し直された『RSP-1232HL』はRIEDELの最もスマートな『SmartPanel』です。フルカラー・タッチスクリーンや複数ワークフローのサポートに加えて,32個のハイブリッド・レバー・キーのそれぞれはキー自身と同じ場所で様々なパラメーターを制御できる革新的なロータリー・エンコーダーを一体化しています。レバーは完璧なフォルムと重さや手触り,応答の度合い,そして疲労しにくさを持つように注意深く設計されており,インカム・パネルが持つべき使い勝手を事実上再定義するようなものに仕上がっています。各キーは色に基づいてキーを簡単にグループ化できるLEDリングも備えています。新たなシフト・ページ『Key Banks』はスクリーン上のボタンを押すだけでアクセスされる,ユーザー定義可能(名前と色)なキー・レイヤーです。 アプリで定義される『RSP-1232HL』の機能は複数ワークフローをサポートできます。最初は無音状態のパネルから何を聞きたいかを選ぶ「トーク&リッスン」ワークフローを好むユーザーもいれば,すべてを発信する状態のパネルから使い始めて,どの信号をオフにするかを自分で選ぶ「トーク&ミュート」ワークフローを好むユーザーもいます。ユーザーは好みのモードをパネルごとに決定できます。

rsp1232_smartpanel.jpg

RSP1232-Back-Description.png

  • ロータリー・エンコーダー内蔵の独創的なハイブリッド・レバー・キー32を装備。疲れにくい完璧なフォルムと重量,使い心地,応答を備えたデザイン
  • 「トーク/リッスン」と「トーク/ミュート」の両方のワークフローを備えた初のパネル
  • すぐに使用可能な直感的なワークフロー設計
  • ワークフローのプリファレンスは『Director』から簡単に設定可能
  • 「動作モード」と「メニュー・モード」を峻別
  • 操作を中断することなく追加設定や機能にアクセス可能
  • 現在の作業内容に合った付加的な情報とナビゲーションを表示(例えばキー・バンク)
  • 8文字のメイン・ラベルと16文字のサブ・ラベル,ユーザー定義のアイコン・ラベルを使用できるキー・ラベル
  • フロント・パネル上にUSBコネクターを装備
  • フロント・パネルでマイク・ミュートおよびサイドトーン調節が可能
  • キー・ラベルまたはLEDリング用にカスタム・カラーが選択可能なロジカル・グループというコンセプト

RSP-1232HL_fingers.jpg

RSP-2318 SmartPanel

『RSP-2318』は,従来のデザインを一新し,多機能ユーザー・インターフェイスを搭載した世界初の「スマートパネル」です。3つの有機 EL ディスプレイを搭載し,インカム・パネルとしてだけでなく,アプリケーションの追加によって機能拡張ができる多機能なインターフェイスとなっています。フルカラー,高解像度で日照下でも視認性がよく,マルチタップ,多言語表示にも対応。本体は 1U で 18 キーを装備。マトリクスとの接続用に AES67/AVB ポートを標準装備し,オプションにより CAT/COAX の接続にも対応可能で,従来のマトリクス・システムとも互換性があります。

artist_smartpanel.jpgartist_smartpanel2.jpg

Artist-2318-Smartpanel-back.png

DSP-2312 SmartPanel

『DSP-2312』はデスクトップ型スマートパネルで,ラックマウント型の『RSP-2318』から AES67/AVB/AES3 接続能力やアプリベースのツールや高輝度マルチタッチ・ディスプレイを継承しています。RIEDEL『Intercom App』によって『DSP-2312』ハードウェアはパワフルなインターカム・キーパネルとなり,他の『SmartPanel App』を追加することによりこのユニットの機能とパワーを拡張することができます。

dsp2312_smartpanel.jpg
  • デスクトップ型スマートパネル
  • 2個のマルチタッチ・カラー・ディスプレイ
  • 12 個のキー
  • 2基のイーサネット・ポート(AES67/AVB/Ethernet)
  • 2基のマトリクス・ポート(AES3)
  • 2基のUSBポート
  • 電源内蔵
  • RIEDEL『SmartPanel Apps』をサポート
  • 底面に三脚や Magic Arm 取付用のネジ穴

Control Panels

RIEDELのコントロール・パネルはLED表示の『Artist 1000』,OLED(有機EL)表示の『Artist 1100』の2タイプ。どのモデルも放送クオリティの音質とイージー・オペレーション,最小限のサイズを実現し,必要なキーの数や機能,仕様に応じて様々なタイプの端末から選択が可能。
CAT5ケーブル接続用のRJ45コネクターと75Ω同軸ケーブル接続用のBNCコネクターを装備しています。ラックマウント型の端末は非常にコンパクトに設計されており,本体奥行きはわずか56 mm(『1100』シリーズは76 mm)。卓内への埋め込みや現場持ち出し用としても最適です。

Artist 1100 Series OLED Panels

『Artist 1100』シリーズは RIEDEL『Artist』デジタル・マトリクス・インカム用のコントロール・キー・パネルです。RIEDEL の直感的オペレーション・フィールを踏襲し,パネル・キーに高解像度のカラー有機 EL を採用しました。解像度 140 dpi/65,000 色表示によって優れた読みやすさを提供して,非常に細かな文字や 24×24 ピクセルのアイコンを表示することも可能です。
各キーはマーカー色が設定できるラベリング・オプションを搭載しており,例えば着信時などに即座に機能を識別・判断するのに役立ちます。
『1100』シリーズはリッスン・レベルを個別に調整するロータリー・エンコーダーを各キーに装備しています。また,5つの専用ファンクション・キー,内蔵スピーカー,ヘッドセット・コネクター×2,3系統の GPIO,2系統の LINE IN/OUT が標準装備されます。『RCP-1112』/『RCP-1128』は将来の拡張用にエクスパンション・スロットも設けてあります。

artist_1100_control_panels.jpg

Artist 1000 Series LED Panels

『Artist 1000』シリーズ・コントロール・パネルは各キーの表示部にはカタカナ/英数表示が可能な高輝度8文字 LED を採用し,輝度調整が可能なため様々な照明環境で視認性を確保できます。この表示はトーク・キーを兼用しており,わかりやすい操作性と省スペース化を実現しています。各キーはリッスン・ボリュームとレベル表示器も備え,本番中でも容易にレベル調整できます。
当シリーズのコントロール・パネルは5つの専用ファンクション・キー,スピーカー,XLR ヘッドセット・コネクター,グースネック・マイク,プログラム可能な3系統の GPI/O を標準装備するほか,アナログ入出力もコネクターも装備しています。

artist_1000_control_panels.jpg

RIEDEL Virtual Panels

artist_virtual_panel.jpg

RIEDEL バーチャル・パネルは一般的なPC やスマートフォンなどを使用してデジタル・マトリクス・システムと組み合わせたインカム・コントロール・パネルとして使用できます。
マトリクスとバーチャル・パネル間のコミュニケーションはマトリクスに実装された『VoIP-108 G2』クライアント・カードを経由して行われます。Windows,Mac OS,Android,iOS に対応。

 

Interfaces & Real Time Network

『Artist』インカム・システムは仕様の異なる様々な通信機器を取り込むプラットフォームとして機能します。インカム・システムを構築するにあたり重要なことはインテリジェントかつシームレスに外界とつながっていくことです。RIEDEL のシステムは 2W パーティーライン,アナログ電話回線,ISDN 回線,無線,VoIP 等,様々な回線を取り込み,集中管理を可能にします。

RIEDEL は次世代ネットワーク規格の AES67 および AVB に準拠したネットワーク関連製品を拡充しています。AVB の正式名称は「IEEE 802.1 Audio/Video Bridging」(IEEE 802.1AVB)。IEEE によって策定された規格です。オーディオ信号,ビデオ信号等をリアルタイム伝送するための規格で,IT,AV 機器メーカー,自動車業界などの各界を代表する企業が業界団体に参画し,高い汎用性/柔軟性を持ったネットワークを構築することを目的として開発されています。通信が途切れないように各デバイス間で使用される帯域の予約が実行されるため,高品質で安定した接続が可能となります。また,各デバイスを極小の遅延で同期可能な仕様となっています。AVB ストリームを伝送するには Ethernet AVB に準拠したスイッチが必要となります(市販の対応製品もしくは『Connect AVB』シリーズ)。
AES67 はAES 標準規格として採用された Audio-over-IP 規格で,互換性の高い次世代ネットワークとして普及が推進されています。
AVB,AES67 共に従来のネットワーク製品に比べて低遅延で信頼性が高く,放送用途に適した安定した運用が可能となります。

Connect IPx8/Connect IPx2

artist_interface1.jpg

『Connect IPx8』はインカム・システムに高性能な VoIP 機能を統合可能です(EBU Tech3347 対応)。1U のユニットには8台までのコントロール・パネルを接続でき,マトリクス側の『VOIP-108 G2』クライアント・カードを通じて IP ネットワークと接続されます。このインターフェイスは SIP(Session Initiation Protocol)ベースで開発されており,AES やアナログ信号を圧縮済み IP データに変換するとともにその逆の変換も行います。『Connect IPx8』は個々の回線の必要性に応じて設定することが可能で,音声品質の向上とネットワーク・トラフィックの低減という相反する組み合わせを調整して提供できます。『Connect IPx2』は2台までのコントロール・パネルを接続できます。

Connect AVBx8 Panel Interface

artist_interface2.jpg

8系統 CAT5 ポート/AVB を相互変換するインターフェイス。最大8台のコントロール・パネルに接続する他,Mono/Stereo の AES/EBU 信号の入出力が可能。

Connect AVBc8 Panel Interface

artist_interface3.jpg

8系統 BNC/AVB を相互変換するインターフェイス。最大8台のコントロール・パネルに接続する他,Mono/Stereo の AES/EBU 信号の入出力が可能。

Connect AVBa8 Panel Interface

artist_interface4.jpg

8系統アナログ/AVB を相互変換するインターフェイス。

PMX-2004/PMX-2008 Multiplex Interface for Control Panel

artist_interface5.jpg

4台分のコントロール・パネルを2芯光ファイバー1本に束ねて伝送可能。
※ PMX-2008 は上記仕様を2式分実装
※別途 SFP モジュールが必要となります

FBI: Fiber-Interface

artist_interface6.jpg

• Matrix⇔コントロール・パネル間の CAT5 ケーブル接続を光ケーブル接続(SC コネクター)に変換します。
• 双方向 AES/EBU 光ファイバー・リンクとして最適
• FBI 間の接続距離:FBI-SM-SC=20 km(シングルモード・ファイバー),FBI-MM-SC=2 km(マルチモード・ファイバー)

CIA: Coax Interface Adapter

artist_interface7.jpg

• Matrix⇔コントロール・パネル間の COAX ケーブル接続を CAT5 ケーブル接続に変換します。