Formula 1 Remote Revolution

_wige MEDIAとCBC(Cologne Broadcasting Center)と協力してRTL TelevisionはRIEDEL『MediorNet』を用いて自局初のフルリモート制作を実現させました

Formula 1 The Past

以前,RTL Television社は制作チーム全員を現場サーキットに送り込んでいました。F1のホスト放送事業者FOM(Formula One Management)が作成して現地にいるRTL Televisionの制作チームが完成させた国際フィードは,RIEDELのグローバル・ファイバー・サービス『RiLink』を介してレース・コースとケルンの放送局との間の双方向リンク上を送信されました。

» 制作と編集を同時に行う機会が以前よりも増え,制作の信頼性も高まりました。ケルン本社内で制作・編集できますので,リポートに肉付けするために当社のコンテンツ・ライブラリーに即座にアクセスできます «

Stefan Flügge, head of sports production at RTL Television

Formula 1 A New Start

今では編集室と再生サーバーと共に映像および音声制御を含めてRTL Televisionの現地制作チームのかなりの部分がケルンにとどまっています。現地にいるのはプレゼンターとリポーターと編集者,カメラマンと技術者です。今は現地での制作はワイヤレス・カメラ2台とライブ・コメンタリーを含むのみとなっており,ケルンへのホスト・プログラム・フィード以外に3つのフィード(および3つのリターン映像フィード)を伝送しています。放送権所有局のための信号はすべてFOMが取り扱います。

Formula 1 Groundbreaking Remote Production

この画期的なリモート制作コンセプトは分散化されたルーター機能を提供し高密度信号分配ネットワーク機材『MediorNet MicroN』6台と『MediorNet Compact』フレーム2台からなる現地の『MediorNet』バックボーンによって支えられています。『MediorNet』ノードはTVコンパウンドとパドックとコメンタリー席に配置され。この『MediorNet』インフラalso provides完璧な接続forワイヤレス・カメラの受信インフラ。

Formula 1 MediorWorks Workflow

『MediorWorks』ソフトウェアによって『MediorNet』インフラ内でのサードパーティー製コーデック(この場合はH.264)の統合と管理が可能になります。トランキングのおかげで『MediorNet』バックボーンをRTLのケルンの施設から遠隔的に管理でき,ケルンでは通信も『Artist』インターカム・システムを介してサポートされています。ケルンにいる制作チームは『Artist』の通信を設定・操作でき,リモート・リソースを使ってメルボルン(あるいはどこであっても)にいる現地クルーとシームレスに共同作業することができます。この『Artist』配備のおかげで,ケルンで作業する制作チームは現地の全無線通信へのアクセスを享受できました。

Formula 1 The Result

メルボルン→ケルン→メルボルンという最悪の距離だったのにも関わらず,制作チームのメンバーは一人として制作の大きな部分がケルンで実行されていることに気付きませんでした。30MBit/sからへと170 MBit/s帯域幅が広がったことによってもこの制作モデルはRTL Televisionが以前に使っていた現地制作モデルに極めて似たものになりました。そして,このシステムは4KとIPのワークフローへの準備がすでに整っています。