Pan Am Games Reliable Communications

Pan American GameとParapan Am Gameは世界で3番目に大きい国際的多競技大会です。このメジャーなスポーツ・イベントではRIEDELのテクノロジーが聴覚支援サービスのサポートや有線/無線通信,ほぼ全会場と開会式と閉会式での信号伝送といった重要な役割を果たしています。

Pan Am Games Assistive Hearing

《TORONTO 2015 Pan Am/Parapan Am Games》の第一の目標はすべての観客に同じ体験を確実にもたらすことでした。この点についてはRIEDELが提供したFM伝送サービスを通じて英語と仏語とスペイン語で競技とアナウンサーの放送の聴覚支援および音声解説サービスが利用可能でした。500台以上の音声解説ユニットと1,700個の聴覚支援ユニットが用いられました。

» 国際的なスポーツ・イベントを開催するのは容易いことではありません。しかし地元の試合からパンアメリカン競技大会までにおよぶイベントでRIEDELの一体化されたソリューションのパワーと簡潔さは何度も証明されています «

Marc Schneider, sales director global events at Riedel

Pan Am Games Riedel Equipment

42台の『Artist』システムと共に50個のパネル,110個のコメンテーター・ボックス,220個のベルトパックとヘッドセットを輸送するのに船積み用コンテナが5個以上必要でした。37台の『RiFace』インターフェイスと400個のアナログ無線機も同行。もちろん,これらはすべて『Artist』システムに組み込まれました。全会場に分散した4,000個以上のレシーバーを有する40チャンネルのFM音声システムもあり,大会委員会と配送サービスとセレモニー用に5,000個のTETRAデジタル無線機,1,200個の予備バッテリー,3,000個のイヤーピース,9個のベース・ステーションがあり,そしてワイドエリア用途に600台の無線機がありました。無数とも言えるアンテナやリピーター,数種類のケーブル,ツール,ダクト・テープなどは言うに及びません。

Pan Am Games Riedel Staff

放送とセキュリティとアクセス制御以外にも,休憩や会場でのハーフタイムに「キスカム」のような観客を巻き込んだ余興をサポートするのにもRIEDELの無線システムは使われ,メダル授与式も同様にサポートされました。これらすべてを監督したのは40人の現地マネージャーと技術者からなるRIEDELのチームです。

Pan Am Games ODEPA Pool

チリのODEPA Poolの放送は新体操やハンドボール,マラソン等の制作信号をサポートするベースバンドHD信号のリアルタイム伝送にRIEDEL機材を頼りました。RIEDEL設備はキューバの放送局「ICRT」の野球の放送やアルゼンチンの「TyC」がBMXサイクリング,ラグビー,フィールド・ホッケーの制作をするのもサポート。『MediorNet』の持つ柔軟性のおかげで,設置済みのインフラを増やす必要なしに安心して再ルーティングや信号追加ができました。このことはコストも低減しましたが,『MediorNet』に組み込まれてい処理能力は機材の総数とインフラの規模を低減するのに役立っています。