Union Berlin MediorNet strengthens the Union

ベルリンのユニークなフットボール・クラブ・スタジアム内での放送システム・ワークフロー全体の接続と洗練。

Union Berlin The Challenge

〈Alte Försterei〉(アルテ・フェルステライ)はドイツの首都ベルリン最大の専用フットボール・スタジアムで,記者会見や会場のTVスクリーン制御,プレイの即時再生といったデジタル時代の大規模スタジアムが日々の運営で必要とする様々な機能を確実に行うためのシームレスな接続と統合を提供するソリューションを正に必要としていました。

Union Berlin Multi-Use

新しい建物以外にも,試合の放送をサポートしてスタジアム周辺の多用途ルームに機能を追加するためにかなりのAVシステムが指定されていました。これはライブ映像の効率的な撮影と配信を可能にすることでクラブのファンを育てて数を増やすだけではなく,会議からコンサートといった用途に貸し出しできる一連の多目的エリア(会議室からピッチ・エリア自体まで)を作ることによってクラブの財政的将来を確保することになるでしょう。

Union Berlin Communication Solution

会場内の6つの重要な通信ポイント──ハウス・マネジメント,スタジアム管理,メディア/プレス・センター,記者会見ルーム,OBトラック収容,スタジアムPA──はRIEDELの『RockNet』および『MediorNet』システムを介して接続されています。RIEDELは130台のMotorola製手持ち無線機も納入しました。『MediorNet』バックボーンを介して一体化され,火災時の避難システムにも組み込まれたこれらの無線機は確実で高性能なデジタル音質を提供します。15キロメートルのカバー範囲を持ちますのでスタッフはスタジアム外の交通を指示でき,また通話範囲から簡単に出ることもありません。

» 私たちはセカンド・リーグのチームですが私たちの施設と試合の放送の質でファースト・リーグなみの体験をお届けしています。RIEDELのセットアップはデジタル・インフラと効果的なエンジニアリングの適切な組み合わせがあればシンプルで信頼できるシステムがどのようにして出来上がるかの好例です。複雑なセットアップをまとめて1本の光ファイバー・バックボーンを介してシンプルかつ信頼性の高い接続能力を提供する ── これがRIEDELです «

Sebastian Reiter, Head of AV – Stadium Alte Försterei

Union Berlin 10 Events at a time

統合とワークフローの観点からはセキュリティと信頼性以上に重要なのは全エリアにわたる制御と通信の均一化ですが,システムの簡潔さによってポイント間の素早い切替が可能になるということも重要です──たとえそれが使用停止トイレ内の照明であっても,カンファレンス・ルーム内でジャーナリストたちに最新の情報と映像を提供することであっても,ライブ映像をピッチ側やスタジアムの羨ましいほどのVIPルームにストリーミングすることであっても。このスタジアムは今では10個までのイベントを同時に開催する能力を持ちます。このAVシステムはフットボール向けに作られましたが大きなビジネスの機会を拓いています。ここではほぼ毎週,ロックバンドLinkin Parkのような大きなコンサートも含むイベントが行われています。