riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

韓国 KBS,2015 年光州夏季ユニバシアードでの国際フィード制作に RIEDEL 機材を使用

ニュース一覧に戻る

原文公開:2015-08-12

世界中の大学生アスリートたちが参加した韓国での 2015 年光州夏季ユニバシアードでは,世界的規模では第2のスポーツ競技会であるこのイベントの国際フィードを制作するのにホスト・ブロードキャスターの「KBS」は RIEDE 機材を採用しました。7月3日から14日までの期間中,HD ビデオ,データ,インターカム信号の柔軟で信頼性の高い伝送を可能にしたのは RIEDEL のソリューションです。

「ユニバシアードは世界中の若人のスポーツに対する情熱だけではなくその技倆と闘争精神を示す点がユニークですから,大会の雰囲気を捉えたホスト放送フィードを提供することが重要でした」と「KBS」OB チームのジェネラル・マネージャー Yong Suk Cho 氏。「性能と信頼性についての高い評判のとおりに,RIEDEL 機材はこのダイナミックな国際イベントで私たちの制作の中心的な役割を果たしました」。

FISU(International University Sports Federation)によって運営される「ユニバシアード」は「university」と「Olympiad」を組み合わせた造語です。ユニバシアードは国際的なスポーツと文化の祭典として,世界中の異なる都市を巡って2年ごとに夏季および冬季競技の両方が開催されています。

この 2015 年の光州での競技会に対して RIEDEL は4つのフレームからなる『MediorNet Compact』リアルタイム・メディア・ネットワーク,キーパネルとベルトパックを含む『Artist』デジタル・マトリクス・インターカム・システム,ヘッドセット込みの『Performer』デジタル・パーティーライン・システム,そして『RiFace』汎用無線インターフェイスと1ダース以上の無線機を送り出しました。RIEDEL のフルリダンダントなソリューションは,OB コンパウンドと競泳会場との間の複数 HD フィードや GigE および通信の柔軟な同時伝送をサポートしつつ,有線および無線システムの両方を用いる制作スタッフ間にシームレスなコミュニケーションを確保しました。「KBS」は『Artist』システムを国際放送センター(IBC)のあらゆる面──入力されてくるフィードから QC や伝送や運用まで──に役立つポートを備えた,典型的な IBC セットアップで使用しました。

「世界的に重要なスポーツ競技会をサポートし,またこのようなイベントの説得力のある放送を世界中の視聴者にお届けすることに参加できたことを私たちは誇りに思います」と Riedel Communications のグローバル・イベント・ディレクター Marc Schneider。「当社の『MediorNet』『Artist』『Performer』『RiFace』システムを 2015 年光州夏季ユニバシアードにご採用いただけたことは,ライブ・イベント制作と放送における当社の通信および信号伝送ソリューションの価値を改めて示したものと言えます」。