riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

VIDELIO-Events + UtramとRIEDEL『MediorNet』,ローランギャロスで活躍

ニュース一覧に戻る

原文公開:2015-09-23

テニス界の巨人たちがパリのスタッド・ローランギャロスで勝利をかけた戦いを繰り広げる様子を,コートに配置された大画面ディスプレイとトーナメント全体をサポートする内的なIPTV分配ネットワークに送っていたのは,VIDELIO-Events + UtramとRIEDEL『MediorNet』リアルタイム・メディア・ネットワークです。VIDELIOとRIEDELが提供したライブ映像処理および分配システムによってFFT(仏テニス連盟Fédération Française de Tennis)は今日の最高峰スポーツ・イベントに期待される情報の豊富な優れた視聴覚コンテンツをファンに届けることができました。

「大画面ディスプレイは,テニス・コート上での動きを補完するユニークな視覚的パースペクティブや目を惹くグラフィクスやタイムリーな試合情報を提供することで重要な役割を果たしています」とFFTのAV/デジタル・サイネージ部門長Christophe Chatain氏は語ります。「そのため,私たちは優れた画質そして妥協することのない信頼性を保証できる信号ルーティングおよび分配ソリューションが必要だったのです。ファンがトーナメントの試合をより楽しめるようにするためにFFTが必要とした機能と性能の両方を提供できるので,VIDELIOはRIEDEL機材を選びました」。

「RIEDELの『MediorNet Compact Pro』はメディア信号を統合分配・処理するためのコストエフェクティブで使い易いソリューションです。3G/HD/SD-SDI映像や音声,データ,インターカムの各信号の光ファイバー伝送をサポートし,大容量信号伝送を可能にする50 Gbpsネットワーク帯域幅を提供するこのソリューションは,ローランギャロスのような世界的なライブ・スポーツ・イベントのストリーミング用のインフラに最適です」,とVIDELIO-Events + UtramのTV &スポーツ・イベント・ディレクターFredéric Redondo氏。

全仏オープンとしても知られるローランギャロスは世界最上級のクレイコート・テニス・チャンピオンシップ・イベントであり,テニスの4大国際大会(グランドスラム)の2番目でもあります。2015年のトーナメントではVIDELIOはOBエリアと,このトーナメントに際しての大画面制作専用の特別なTVコントロール・ルームと,フィリップ・シャトリエ・コートにおけるFFTのビデオ・コントロール・ルームとを結ぶ光ファイバー・リングという形で3台のRIEDEL『MediorNet Compact Pro』フレームを使用しました。このリングは1本の常設ファイバーとこのイベントのために特別に敷設された2本の追加ファイバーを用いて作られたものです。

RIEDELのソリューションは,ビデオ・スクリーンとIPTVネットワークへの映像のリアルタイム分配を容易に行うこと以外に,エンベディング/デエンベディングのような処理機能も提供し,スタジアムのラウドスピーカーに信号供給する関連映像信号内で様々な音声チャンネルを伝送する処理を単純化するのに,その機能は広く使われています。

「今年のローランギャロスでの試合は,グランドスラム・テニスを見応えのある素晴らしいスポーツ・イベントとしたドラマと興奮に溢れており,FFTがコート上で映像と音声を使ったことはこのような高水準の試合にとって,この上ない仕上げ作業でした」とRiedel Communicationsのフランス担当国際セールス・マネージャーFranck Berger。「当社の『MediorNet』システムはライブ・スポーツ用途において実に優れたソリューションであり,今年もローランギャロスでそのことを実証できて満足しています」。