riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

ベルギー DB Video 社,RIEDEL 機材を用いて最新鋭 OB バンを作る

ニュース一覧に戻る

原文公開:2016-04-18

制作の規模を問わないまったく新しいモバイル放送をサポートするOBバンを設計・製造するにあたり,ベルギーの「DB Video」は Riedel Communications と『MediorNet』リアルタイム・メディア・ネットワークを必要としました。

DB Video は RIEDEL とコーチ・ビルダーの「Moeyersons」社と協力して『MediorNet』システムを使って比較的小型ながら頑強で伸張可能なトラックを作りました──ニックネームは「Unit 10」。将来への備えも十分な放送技術と信号ルーティング用のユニークなクラウド・モデルも自慢です。

「「クラシックな」OB バン製造と IP ベースの放送の登場とが重なり合う時点に立って,新技術に投資して採用することについての重要かつ難しい決断を下さねばなりませんでした」と DB Video 創設者で CEO の Dimitri Beyaert 氏。「モバイル TV 設備の未来を鑑み,RIEDEL さんの専門知識と機材ならば私たちがこのビジョンを実現するのを手伝ってくれるだろうと決心したのでした」。

省スペースでありながら開放感のある環境を持ち将来にも対応できるトラックを作るために,DB Video は Moeyersons 社と協働してわずか長さ 11.65 メートル×閉じた状態で幅 2.293 メートルというサイズの機能フル装備の OB バンをゼロから設計しました。このユニットのルーティングおよび信号伝送システムが大規模なテレビ放送番組の制作を確実にサポートできるように,同社は信頼できるメイン・サプライヤーの1つである Riedel Communications からのチームと一緒に作業しました。RIEDEL 機材は普通のモバイル・ユニットよりも広い作業スペースと少ないラック・スペースになるように設計された OB バンに最適でした。

10 Gbit/s ファイバー・ネットワーク上で組んだフルリダンダントなコンフィギュレーションで用いられた 18 台の『MicroN』80G メディア・ディストリビューション・ネットワーク・デバイスと2台の『MetroN』コア・ルーターと外付けの4台の『MediorNet』ステージボックスは組み合わさって OB バンをクラウド・トラックに変える分散化マトリクスとして機能します。ルーター要素はどんな制作やワークフローに対しても理想的な物理位置にあります。DB Video はルーターと RIEDEL『Artist』デジタル・マトリクス・インターカム・システムの相互接続によってマトリクスを拡張しました。このバンに設置された全『MicroN』ユニットは MADI 接続を備え,このクラウド内の全入出力はエンベディング/ディエンベディング・オプションや SMPTE2022-6 のサポート,ビデオ・フォーマット変換,タイムコード・インサーションを搭載します。

DB Video は RIEDEL の『MediorNet Compact Pro』システムを用いて,カメラをシンプルな光ファイバーでこの OB バンに追加接続することができるリモート・ハブも作りました。この能力はこのトラックが現場にいるときでも,あるいは本社で制作施設として機能しているときでも,大規模な制作に役立ちます。

「革新的なルーティング・システムと省スペース設計を有する Unit 10 はモバイル制作と放送における重要な進歩を体現しています」と Riedel Communications のベルギー担当セールス・マネージャー Peter Robberechts。「この業界は進化を続けますが,この未来志向のモデルは競争の厳しい市場においてサービスで頭角を現すための優れた機動力と柔軟性を DB Video さんにお届けできるでしょう」。