riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

1,500 台目の『MediorNet Compact』は株式会社エキスプレスに

ニュース一覧に戻る

原文公開:2016-11-17

創立 55 周年を記念して「株式会社エキスプレス」は同社初の 4K 制作トラックに RIEDEL の『MediorNet Compact』リアルタイム・メディア・ネットワーク(全世界通算 1,500 台目の『MediorNet Compact』フレーム設置)と『Artist』デジタル・マトリクス・インターカム・システム,ならびに『Performer』パーティーライン・システムを設置しました。

株式会社エキスプレスは RIEDEL の信号分配/コミュニケーション技術をこの新型 OB バンに採用して,4K 制作/放送への高まる要望に備えています。

「RIEDEL の『MediorNet』が当社の新しい 4K 対応 OB バンにもたらす柔軟性,そして RIEDEL の『Artist』および『Performer』システムの多機能性と相互運用性には大いに期待しています」と株式会社エキスプレスの代表は語ります。「急成長する 4K コンテンツへの要求に対応すべく事業を拡大しましたが,当社の信号伝送とコミュニケーション・インフラの品質と信頼性には自信があります。RIEDEL の機材は業界のスタンダードを打ち立てたことで知られており,当社では最高品質の 4K OB 制作サービスを提供するのにこれを活用する計画です」。

光ファイバー・ベースのネットワーク化アプローチの採用と製品の緊密な統合によって RIEDEL は『MediorNet』『Artist』『Performer』の各システムを固定施設やモバイル施設へ円滑に設置して簡単に管理できるようにしています。株式会社エキスプレスの新しい OB バンでは,RIEDEL システムはケーブル配線を最小限に抑えながら素早くシンプルなセットアップとコンフィギュレーションを可能にしています。

『MediorNet Compact』は真のリアルタイム・メディア・ネットワークの柔軟性をシンプルなマルチプレクシングのポイントトゥポイント製品の価格で提供する最新のステージボックスです。3G/HD/SD-SDI ビデオ,音声,データ,インターカムについてコスト効率の良い光ファイバー信号伝送を可能にする『MediorNet Compact』はモバイル制作のインフラを整理し,4K 制作への扉も開きます。一体化されたフレーム・シクロナイゼーションやフレーム・ストアやエンベディング/ディエンベディング等の信号処理能力は,車両内に必要な機材の数,重量,コストを低減するのに役立ちます。

RIEDEL の『Artist』は,現代のインターカム用途の様々な要求に応えるパワーと多機能性を持つモジュラー方式の先進的なコミュニケーション・プラットフォームとして機能します。『Artist』のファイバー・ベースのネットワークは音声の分配をシンプルにできる分散化インフラを提供し,明瞭で信頼できるインターカム・コミュニケーションを確保します。

「4K 放送の運用を開始するという日本の野心的な計画は実を結ぼうとしていて,4K 制作に対する要求は高いです」と Riedel Communications のアジア太平洋地域担当ディレクター Cameron O’Neill。「最も有名な世界的スポーツ競技会での 4K 制作に実績がある当社の『MediorNet』テクノロジーをお使いいただくことで,エキスプレスさんはあらゆる信号を効率よく扱う革新的な OB バンでこのビジネス・チャンスをとらえることができます」。