riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

ルクセンブルクの「Broadcast Center Europe」社,新制作施設内の IP ベースのコミュニケーションに RIEDEL を選択

ニュース一覧に戻る

原文公開:2017-10-04

欧州のメディア業界へのリーダー的技術サービス・プロバイダー「Broadcast Center Europe」(BCE)社は,ルクセンブルクにある最新鋭の自社制作施設に RIEDEL の『Artist』デジタル・マトリクス・インターカム・ソリューションならびに『MediorNet』リアルタイム・ネットワークを採用しました。

AES67 ベースの通信をもたらす『Artist』ならびに統合された信号伝送バックボーンをもたらす『MediorNet』を得た BCE の新施設は,ヨーロッパ中の放送局のための制作やポストプロダクション,送出,伝送といったあらゆるサービスに最新技術を用いるのが特長です。

さらに,BCE は RIEDEL の最新ワイヤレス・インターカム・システム『Bolero』を早々と採用した会社の 1 つとなりました。同社はスタジオおよび OB 運用のためにほぼ 30 台の『Bolero』ベルトパックを使っています。

BCE は OB/SNG トラックも含む制作/放送用のモジュラー/分散化コミュニケーション・インフラに『Artist』を採用しました。AES67 ベースのネットワークを用い,60 台の多機能『SmartPanel』ユーザー・インターフェイス(ラックマウントとデスクトップの両方)を介して,『Artist 128』メインフレーム 3 台が『Artist 64』1 台と『Artist 32』1 台とともにアクセスされます。RIEDEL のファイバー・リング技術とインテリジェントなトランキング技術が,リモート運用される OB トラックと SNG トラックとを結び,『Artist』の Dante インターフェイスがラジオ運用をサポートして施設全体にわたる多機能 IP ネットワークを提供します。BCE は一部の顧客に対して RIEDEL のインターフェイスを用いて WAN ネットワークによる VOIP 接続も提供しています。

「徹底的な提案依頼過程の後,私たちの新しい施設にコミュニケーションを提供するのに RIEDEL さんをパートナーとして選びました」と BCE の技術サービス長 Patrick Bernard 氏。「RIEDEL さんはイノベーションと信頼性と優れたサポートで良く知られており,『Artist』は今までベネルクス内で展開された最大の IP インターカム・システムの 1 つにとって理想的な選択肢でした」。

『Artist』インターカム・システム以外にも,この新しい BCE の施設内では放送スタジオとマスター・コントロール・ルームの間でリアルタイムの音声/映像信号を伝送するのに RIEDEL の『MediorNet』が大量に使われています。BCE は CWDM ネットワーク上で動作する『MetroN』コア・ルーターと『MicroN』高密度メディア・ディストリビューション・デバイスと共にほぼ 20 台の『MediorNet』フレームを採用しています。フレームはテレビのショー番組の制作時に信号伝送が簡単に行えるようにスタジオ内に配置されています。OB バンはルクセンブルク内の光ファイバー・ネットワークに遠隔的に接続することができ,『MediorNet』インフラを活用して番組をオンエアできます。

「主要テレビ/ラジオ局や映画配給会社,制作会社,広告代理店,電気通信事業者,公共サービスといった錚々たるクライアントを持つ BCE さんとのパートナーシップを継続できるのは光栄なことです」と Riedel Communications Benelux B.V のジェネラル・マネージャー Wilbert Kooij が語ります。「BCE さんは当社のヨーロッパ初の『MediorNet』ユーザーの 1 人であり,当社のハイエンド・プロセシング・テクノロジーを早くから採用いただいています。今回,『Artist』と『MediorNet』は,その DNA 内に持つリダンダンシーで,リアルタイム信号伝送のあらゆる利点で,そしてリモート制作を支援する能力で,お役に立てることでしょう」。