riedel_logo_white.gifwww.riedel.net 

香港ジョッキー・クラブ,シームレスな無線通信に RIEDEL『Bolero』を選択

ニュース一覧に戻る

原文公開:2018-01-09

香港第一の競馬興行業者で最も尊敬されるスポーツ組織の 1 つである「香港ジョッキー・クラブ(HKJC)」が自社の映像制作のコミュニケーションを洗練すべく Riedel Communications の『Bolero』ワイヤレス・インカム・システムを選びました。

『Bolero』は RIEDELの『Artist』デジタル・マトリクス・インカム・システムとシームレスに一体化されて,HKJC の 2 箇所の競馬場とシャーティンにある同社スタジオとにわたる包括的なコミュニケーションを提供しています。

「信頼できる無線通信は当社の競馬の生テレビ番組制作にとって不可欠なものです。競馬場のあらゆるところにいる制作メンバーたちはテレビ・スタジオからのクリアで安定して途絶することのない通信を信頼できる必要があります」,と香港ジョッキー・クラブのシニア放送サービス・マネージャー Yeung Shui Kin 氏は語ります。「使用し始めてちょうど 2 週間ですが,競馬場のどこからでも優れた音質をもたらしてくれて『Bolero』の仕事ぶりは私たちの期待以上です。『Bolero』が当社が持っている『Artist』フレームと統合されることも大きな長所です」。

1884 年に設立された HKJC は競馬とスポーツ,そして競馬と海外のサッカー・イベントへの賭けを提供し,シャーティン地区にあるテレビ・スタジオとハッピーバレーならびにシャーティンにある競馬場との間の通信リンクのために,まず 12 台の『Bolero』ベルトパックを購入しました(2018 年にはさらに追加する計画)。『Bolero』システムは 12 月初旬の国際レースで初めて使用されました。

昨年発売された『Bolero』はライセンスフリーの 1.9 GHz 帯域を用いる拡張可能な DECT ベースのワイヤレス・インカム・システムです。RIEDEL 独自の ADR(Advanced DECT Receiver)テクノロジーはマルチパス RF 反射に対する感度を低減することで RF の強さを改善し,HKJC のクルーたちは音声を劣化させることなく競馬場内をシームレスに動き回ることができます。

「香港ジョッキー・クラブさんは競馬ファンのための世界的なエンタテインメントの優れたプロバイダーであるだけではなく地元の人々のコミュニティを支え改善するために毎年相当な寄付を行う香港最大のコミュニティ後援者でもあります」,と Riedel Communications 社のアジア太平洋地域担当ディレクター Cameron O’Neil。「当社の画期的なワイヤレス・インカムである『Bolero』をシャーティンとハッピーバレーにある HKJC さんの競馬場ならびにテレビ・スタジオにお納めできることは大きな喜びです。『Bolero』が最高の無線性能だけではなく,その直感的で先進的な機能によってユーザーの方々に大きな利益をもお届けするものと私たちは確信しております」。