mini K47

mini K47

s_mini_k47_3.jpg s_mini_k47_4.jpg s_mini_k47_5.jpg

『mini K47』のカプセル・デザインはマイクロフォンの歴史の中でもっとも有名なカプセルの中の一つを元にしています。
このカプセルは非常にバランスがとれており,耳障りで強調された高い周波数成分は皆無で,ヴォーカルをレコーディングする際の歯擦音(シビランス)やリップノイズを低減し,エレキギターやアコースティック・ギターのレコーディングでは重量感が際立ったサウンドをもたらします。

Roswell Pro Audioでは他社製のマイクロフォンのモディファイやアップグレードの経験に基づいてベストなサーキット・デザインを施しました。
『mini K47』のサーキットはカプセルがキャプチャーした音質に余分なものを加えない,とてもクリーンで透明感のあるサウンドをもたらすデザインを採用しています。
マイクロフォン自体のセルフノイズや歪も大幅に低減されています。

Roswell Pro Audioのマイクロフォンは箱から出した瞬間から,すばらしいパフォーマンスを発揮できるよう,すべての製品に対して自社で工場出荷直前に位相,ノイズ,周波数特性,感度のチェックを実施して出荷しています。また,すべてのRoswellマイクロフォンにはショックマウントとフライトケースが付属しています。

FEATURES

  • K47スタイル 34 mm シングル・バックプレート
  • 3ミクロンの極薄のダイアフラム
  • 極めてクリーンなトランスレス・サーキット
  • オーディオファイル・グレードの高級ポリプロピレン・シングル・コンデンサーの採用
  • 誇張の無いナチュラルなサウンド
  • 明瞭さの際立つサウンド
  • 高い出力
  • 低いセルフノイズと歪

COMPONENTS

  • カプセル:『mini K47』には 34 mm K47スタイル・カプセルを採用しています。Roswellがこのカプセルを選んだ理由は,他のどのカプセルでもなし得ない美しいミッドレンジ,ニュートラルなデティールの表現力,不必要に誇張されない高域をもたらしてくれるからです。
  • サーキット:『mini K47』と同価格帯のマイクロフォンの多くは “2SK170 JFET” を採用している場合が多いです。これは適切に組み込まれた場合,すばらしいサウンドとなりますが,ハイインプット・キャパシタンスのコンデンサーと組み合わせた場合,ノイズフロアが増大する場合があります。Roswell Pro AudioではJEFTとローインプット・キャパシタンスのコンデンサーを組み合わせ,それぞれのバイアスを調整することで,可能な限り大きな歪のないゲインを実現しています。
  • コンデンサー:マイクロフォンの「モディファイ」を楽しむ人にとって入力段のコンデンサーは最初に手を付けるパーツです。なぜなら多くのコンデンンサー・マイクはあまりグレードの高くないセラミックやポリエステルのボックス・フィルム・タイプのコンデンサーを,音質に影響の出やすい場所に使っているからです。『mini K47』はハイグレードなポリスチレン・コンデンサーを採用し,自然でクリーンなサウンドを実現しました。また,信号の通るメイン・サーキットにはドイツから輸入したポリプロピレン・フィルム・コンデンサーを使っています。

これらのコンポーネントのコンビネーションで『mini K47』はグレードの高い自然で音楽的なサウンドを獲得しています。

TECHNICAL DATA

カプセルφ34 mm トゥルー・コンデンサー,
K47スタイル シングル・バックプレート
ダイアフラム3 ミクロン マイラー
周波数特性20〜16,000 Hz
入力感度14 mV/Pa
インピーダンス114Ω
ダイナミック・レンジ81 dBA
セルフノイズ13 dBA
作動電圧DC 48 ±4 V
出力XLR バランス(トランスレス)
外形寸法,重量150×44 mm,325 g(マイク本体のみ)
指向性カーディオイド
付属品専用ケース,専用ショックマウント

mini K47 F-resp curve

仕様は予告なく変更されることがあります。

AUDIO SAMPLES

View mini K47 demos...

mini K47 Matched Pair mini_k47_matched_pair_case.jpg

ドラムのオーバーヘッドやピアノなどステレオ・ソースの録音に対応できるように『mini K47』をステレオ・マッチングし,2本一組のセットにしました。

Roswell Pro Audioカリフォルニア本社工場で入念な測定を施し,感度 0.5 dB 以内,周波数特性 1.5 dB 以内という厳しい範囲基準でステレオ・マッチングを行います。

ケースはマイクとショック・マウント1ペア(2本分)が収まる特別仕様。