トップへ戻るhome
XTA_LOGO

Top
APA-4E8 | DP548/DP544 | 4 Series | 2 Series | INT485 | DS8000 | GQ600 | Audiocore | SiDD | Flash Loader | iCore | DC1048 | Users

APA-4E8 Adaptive Processing Amplifier

APA-main2.png

『APA(Adaptive Processing Amplification)』シリーズは並外れた処理,接続,制御能力を持つ 4 チャンネルの Class D アンプです。
新開発のパワー/DSP プラットフォームはインテリジェントに交互作用して一般的な条件に適応し,ドライバーを保護し,スピーカー・システムの性能をより高く引き出します。

概説

既存のアンプ設計に何らかの DSP を追加することはそれほど難しくはありませんが,入力 XLR(またはネットワーク・ポート)からスピーカー端子までアンプ動作のあらゆる面を完全に監視するとなると,少々本格的な取り組みが必要になります.

『APA-4E8』はこの監視動作を行うことができます。XTA では,電圧と電流を監視する 96 kHz の AD コンバーターをアナログ入力* だけではなくスピーカー出力にも直接設けた,パワー・サプライと緊密に一体化する電源および処理プラットフォームを設計しました。入力と出力は主電源に関するデータと共に DSP が同時処理しますので『APA』はサウンドを損ねないように適応と補正を行うことができます。

この適応的処理に加えて,XTA の伝説的ダイナミック EQ の複数バンドや FIR フィルタリング,位相の線形化,聴いても動作にまったく気付かないリミッティング,そしてユーザーのシステムを設定するのに従来使われてきた伝統的なクロスオーバーと EQ のコンポーネントすべてを含む,フィルタリングとプロテクションの強力なパッケージを制御することができます。

さらに,AES またはアナログ入力* からローカルに,またはネットワーク音声(Dante/AVB)接続を介して,音声信号を受けることができる柔軟なマトリクスも備えています。Mac および PC 用のネイティブなリモート・ソフトウェアも使用できますので,なぜ XTA ではこれが単なる DSP 内蔵のアンプであるとは考えていないことをお分かりいただけるでしょう...

*)AES 入力は標準搭載。アナログおよびネットワーク音声入力は工場オプション

FrontRearAngle

主な特長

  • アンプリフィケーション,プロセシング,96 kHz でのリアルタイム・モニタリングを行う 4 チャンネル
  • 主電源電圧および電流の連続監視
  • ユニットの自動交換モード:接続されているシステム内の各ユニットは他ユニットの設定を自動的に取得しますので,交換ユニットが挿入されると自動的に設定が復元されます
  • ソース・マトリクスとミックス選択によって,割り当てられていない内部 DSP リソースで外部信号を処理することが可能です
  • ユーザー選択可能な測定基準を備えた確実な動作監視のためのフルカラー LED
  • 入出力信号監視とゲイン・リダクションとパワー出力用の 3 色モードを持つ多機能メーター表示ディスプレイ
  • 「quick wake-up」モードと「ultra low power」モード(<1.0 W)を備えた PFC スイッチング電源
  • 80%のシステム効率を有する Class D アンプ・デザインが主電源インレットからスピーカー・アウトレットへのより高い電力供給を確保
  • リモート・コントロールや更新,音声再生用 USB メモリーとの直接接続,診断結果やファームウェアやプリセットのダウンロードにすぐに使える USB 端子
  • 緊急退避メッセージ再生および主要なイベントのデータ・ロギング用のフラッシュ・メモリー。イベント・ログの定期的な自動電子メール(XTA APA サーバーを介して)
  • ユーザー選択可能な警告条件でも電子メール・イベントをトリガー可能
  • プログラム可能なスリープ解除イベント管理:信号が存在すること,リモート・コマンド,GPI 入力信号
  • イーサネットまたは USB を介したリモート・コントロール(既存の XTA プロセッサーを統合するための RS485 接続も装備)。設定可能な絶縁済みの GPIO ポート
  • マルチユーザーの新リモート・ソフトウェア。Mac/PC 互換

仕様・定格

入力

  • AES,ネットワーク・オーディオ,アナログ── 4 チャンネル
  • 96 kHz サンプル・レート。AES 上に SRC を搭載し,192 kHz まで受信可能

出力

  • 総合出力パワー:20,000 W
  • チャンネル毎の連続出力パワー:3,400 W(4Ω)**
  • ブリッジ可能,2Ω対応
  • THD:0.05%以上(2kΩ,1 kHz)
  • 周波数特性:3 Hz 〜 30 kHz -3 dB

システム

  • 電源:AC 90〜260 V,max. 32 A(PFC)
  • 寸法(H×W×D):88×482×498 mm
  • 重量:15.0 kg

**)クレスト・ファクター 4.8 の連続的な音楽プログラムを用いて駆動

APA Video Overview (YouTube Video)