4-Series


世界中の SR エンジニアからの要望を取り入れ,次世代のプラットフォーム・ボードを採用して格段に使いやすくなったスピーカー・マネジメント・システム “4-Series” が発表されました。
この 10 年間で DP224/226 は世界中のスピーカー・システムの指定プロセッサーとして採用され,スタンダードの地位を確立しました。そして XTA Electronics 社は今の DSP プロセッサーの 100 倍のパワーを持つまったく新しい DSP を搭載し,それを元とした製品としてスピーカー・マネジメント・システム “4-Series” を発表しました。24 bit 96 kHz サンプリングで 114 dB のダイナミック・レンジを確保し,DP224/226 を使ったことがあるなら何も考えずに使用できるようにデザインされています。4-Series は比類ない機能と音質を提供します。

DP448.jpg
DP448 4-in / 8-out Speaker Management System

DP446.jpg
DP446 4-in / 6-out Speaker Management System

DP444.jpg
DP444 4-in / 4-out Speaker Management System

DP426.jpg
DP426 2-in / 6-out Speaker Management System

DP424.jpg
DP424 2-in / 4-out Speaker Management System

In and Outs

4-Series は 24 bit/96 kHzで動作し,192 kHz入力まで可能となった AD コンバーターを搭載し,周波数特性は 10 Hz〜30 kHz,ダイナミック・レンジは 117 dB を達成しました。

『DP448』は1Uの筐体で完全XLRバランス4入力/8出力を実現し,4系統のバイアンプ・システムからステレオ4ウェイ〜モノ8分配まで入出力を自由に扱うことができます。『DP446』は4入力/8出力でステレオ3ウェイ。『DP444』は4入力/4出力。『DP426』は2入力/6出力。『DP424』は2入力/4出力でステレオ・バイアンプのシステムGEQ,PEQ,X-Over,Limiterプロセッサーになります。

『Audiocore』は『DP224』/『DP226』で成長したソフトウェアを元に,より使いやすいものになり,XTAユーザーであれば取扱説明書なしで扱うことができるように設計されています。

Xover Power

4-Seiresのプラットフォームはゼロから基板を設計し直し,96 kHzネイティブのサンプリングで稼働するように設計されました。

それぞれのインプットには GEQ とそれぞれに 8 ポイント/合計 32 ポイントの PEQ が装備されています。アウトプットにはチューニング用にそれぞれ 9 ポイント/合計 72 ポイントの PEQ すべての PEQ セクションは様々なフィルターを扱うことが可能です。

リミッターは伝統的な RMS Limiter に加えて DP324 でも採用された “ルックアヘッド”(先読み式)D MAX Limiter を装備し,スピーカーを完璧に保護します。

すべてのチャンネルがイン/アウトのディレイで数ミリメートルの精度でアライメントを合わせることができ,イン/アウト共にグループを組んでどんなシステム形状にでもフィットする能力を持っています。

Input Matrix

4-Series は多数のインプット,アウトプットを利用して様々なクロスオーバー・システムとして使用できます。例えばステレオ×4 Way,4×2 Way,1×8 Way,2×3 Way + AUX などのテンプレートから選べるだけでなくマトリクス形式になっており,それぞれのアウトプットは好きなインプットを自由に選択でき,サミングしてフェスティバル時の A/B コンソールに対応することも可能です。これにより,ゾーン・ミキサーとしても使用することができ,イベントやホテル宴会場など様々なシーンで使用できます。

Digital I/O

ライブ・シーンにおいてよりいっそうデジタル・コンソールが増える中で 4-Series はデジタル・イン/アウトを標準装備しました。インプット/アウトプットはアナログとデジタルをそれぞれ選択できます。

業界スタンダードである AES/EBU インターフェイスを採用し,32 kHz から 192 kHz 入力まで対応できます。内部は 96 kHz で動作し,システム全体を 24 bit/96 kHz で構成することができます。デジタル入出力状態でも本体の中で入力チャンネルを自由にルーティングして出力できます。

Remote Control

RS232,RS485,TCP/IP を採用し,多彩なコントロールに対応することができます。4 Series では 128 ユニットまで同時コントロールできるようになりました。新 『Audiocore』は『DP224』/『DP226』をコントロールすることも可能です。

Specifications

  • インプット:電子バランス(トランスはオプション),AES/EBUデジタル・インプット(アナログとの切り替え可能)
    インピータンス:>10 kΩ
    CMRR:>65dB 50Hz - 10kHz
  • アウトプット:電子バランス(トランスはオプション),AES/EBUデジタル・アウト標準搭載(アナログとの切り替え)
    Source Imp:< 60Ω
    Minimum Load:600Ω
    Maximum Level:+20 dBm into 600Ω load
  • サンプリング周波数:96 kHz internal, up to 192 kHz can be accepted and converted.
  • 周波数特性:±0.5 dB 10 Hz - 32 kHz
  • ダイナミック・レンジ:> 114 dB 20 Hz - 20 kHz. Unwtd
  • 歪率:< 0.001% @ 1kHz, +10dBm
  • 最長ディレイ:650 ms(increment 0.325 μs steps)
  • 出力ゲイン調節範囲:+15 dB to -40 dB in 0.1 dB steps and mute
  • フィルター:Graphic Equaliser - 28-band graphic on each input
    Filters Parametrics - 104 point(8 Per input / 9 per output)
    Each parametric can be switched to Bandpass, Allpass, Notch, VariQ, Shelf and Elliptical response
    Phase filtering - 2 degree steps on each input and output
  • クロスオーバー・フィルター:Bessel/Butterworth 6/12/18/24/48 dB per octave and Linkwitz-Riley 12/24/48 dB per octave
  • リミッター:Threshold +22 dBu to -10 dBu
    Attack time:0.3 to 90 ms
    Release time:4, 8, 16 or 32 times the attack time, Clip/D-max Limiter Look-ahead attack time, Fast, Medium or Slow release times
  • コネクター:Inputs 3 pin female XLR
    Output:3 pin male XLR
    RS485 In/Out:XLRs
    RS232:9 Pin (Female) D Connector
    Power:3 pin IEC
  • Power:60 VAC - 240 VAC,Consumption < 40 watts
  • 重量:3.5 kg Net(発送時 5 kg)
  • サイズ:1U, 44 x 482 x 305 mm(コネクター含む)

仕様は予定なく変更されることがあります。

dp428_back700.jpg
上図をクリックすると DP448 バックパネル高解像度画像が表示されます

Options

4 Sreries は以下のオプションを工場出荷時に取り付けることができます。

  • トランス・インプット・カード
  • トランス・アウトプット・カード
  • GP インターフェイス・カード